アクアリウム
yutaworld.exblog.jp

熱帯魚の観察日記と、日々のこと・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
失敗
朝から愕然としてしまいました。
しばらく何が起こったのか、状況が把握できませんでした。

水面には鼻あげをするグッピーが集まり、カージナルは浮遊する感じで漂い、オトシンはひっくり返り、コリドラスも瀕死状態・・・・・真っ青になりました。
左奥に目をやると、CO2が噴水のように出ている・・・・・・・

即、エアレーションしましたが。。。
約1時間後、少しづつ息を吹き返す魚も。。。
グッピー稚魚は復活が一番早かったようです。
大人グッピーはフラフラしていましたが、少し回復した気がします。
チビコリ、細い呼吸。
苦しいと思います。
果たしてこのエアレーションでどれくらいの魚が生き返る事ができるのが、どれくらいの魚が命を落としてしまうのか、まだ分かりません。

可愛い小さな命は、常に私の手にかかっているのに、悔やまれます。

昨夜、CO2の出方がイマイチ少ない気がしたので、少しだけ量を増やそうと操作しました。
その後の確認時間が短かった。。。
CO2は、点滴のような遅いスピードで出すので、実際レギュレーターを触ってからは割と長い時間様子を見ていないといけなかった。
少し慣れてきた頃にやってしまう典型的な失敗だと思います。
少し感覚も掴んでいたので、「こんな感じで大丈夫」と・・・・・
自分の中では、ほんの小さな手抜き・・・・・自分達ではどうしようも出来ない魚達は、そのせいで大惨事です。完全な私のミスです。
小さくても大事な命・・・・・飼育者は責任持って飼わなければいけないと痛感。
どんなに愛情をかけても、どうしようもなく病気になったり☆になる事はあります。
でも、このミスは防げたし、起こしてはいけなかった・・・・・
魚を失うショックは勿論ですが、お魚には気持ちよく水槽を泳がせたかった・・・・・・苦しい思いをさせてしまった申し訳なさでいっぱいです。

どうにか、持ち直してほしいと・・・今は祈るような思いです。
[PR]
by yuta_world | 2006-04-07 11:45 | 熱帯魚のこと